トップページに戻る

除菌・消臭剤「ニオイ斬り!ウィルセイバー」
ウイルス.菌.悪臭.カビ、食中毒の対策に! 感染予防.衛生管理にも最適!

企業情報 企業情報  サイトマップ サイトマップ

お取引先の皆様へ お取引先の皆様へ
 
 
ウィルセイバーの特長 使い方 製品一覧 声のひろば お買い物
 
 

 
     
 
2011年3月11日の東日本大震災から1年が経ちました。国内に大きな爪痕を残す未曾有の大災害でした。そして6月12日は、1978年に多数の死傷者を出した宮城県沖地震の発生日。これらの過去を教訓に改めて防災への心がまえを高め、災害時に対処できるよう備えることは重要です。そこで今回は『防災グッズとしてのウィルセイバー』と題し、使い方をご紹介したいと思います。
災害で水が止まり、いつ復旧するかわからない状況下では、飲料水の確保は最優先です。でも調理のあとのまな板の不衛生も気になるし、洗濯できない着まわし衣類のニオイも気になる。もっと水があれば、洗剤を使って存分に洗えるのに・・。そんな「モノを洗えないゆえの不衛生」はウィルセイバーで解決しましょう!

0ご家族の食をもっと安全に

調理のあとのまな板や包丁、鍋やフライパン。ティッシュで表面の汚れを拭き取っただけでは、食材に付着していた菌やウイルスが完全に除去されているとは限りません。それに、拭き取るティッシュをしめらせたりして使うのは、貴重な水がもったいない! ウィルセイバーは、食の安全を守ることができる水。使い終わった調理器具にシュッとして拭き取ったり自然乾燥させれば除菌もウイルス除去もできるので、次に使うときにも安心です。食器や赤ちゃんの哺乳瓶の除菌にもお使いいただけます。また夏場は特に気になるニオイの対策や、食中毒の予防にもなります。
0

0ご家族の衣類をもっと清潔に

洗濯できない状態が続くと、身につけている衣類やくつのニオイが気になってきます。人の皮膚の表面や生活空間には目に見えない菌がたくさんいて、それらが人の汗を栄養にイヤなニオイを発生させます。 そこで、ウィルセイバーでニオイの元、菌を退治してしまいましょう!ニオイが気になったとき、あるいはニオイが発生する前の予防として、ウィルセイバーを衣類(全体または特に気になる箇所)やくつに直接シュッとすればOK。外出帰りに玄関でシュッとすれば、外出先で付着したウイルスも一緒に除去することができます。
0

 

断水でトイレの水が流せないとき、困るのはニオイ対策。トイレにたまっていく尿、流せないトイレットペーパーを入れたゴミ袋。トイレのニオイがどんどんひどくなるのは言うまでもありません。 そこで、ウィルセイバーを使ってニオイ対策!トイレのイヤなニオイは、排泄物や空気中にいる菌たちが尿や便を食べて発生させているもの。菌を除去すれば、ニオイも軽減されていきます。定期的に、あるいはニオイが気になるときに空間や対象にシュッとしてください。また、おう吐物は処理したあとにシュッとしておくと、万一ノロウイルスが潜んでいた際の感染予防にもなります。
0

 

避難所など、集団での生活で最も気を付けたいのが病気の感染です。季節性インフルエンザ、感染力の強いノロウイルスなど、不特定多数が出入りする特定の屋内では感染が一気に拡がる危険があるので注意が必要です。 ウィルセイバーの一番の特長は、高い効果を実証する除菌とウイルス除去能力。ウイルスや食中毒菌は口や粘膜を通じてからだの中に入ってきますので、食器や調理器具をシュッとしたり、食事前のテーブルの拭き取りなどは有効です。ドアノブなど無意識に手で触ってしまう箇所もシュっとした布などで拭き取りましょう。またマスクの内側や外側に軽くシュッとしておけば、感染予防にも衛生維持にもなります。
0

 

0
0

 

 
 
 SPコンテンツ「除菌・消臭道」〜季節にあわせてかしこくつかう!ほかの使い方もみる
 
〜 オールシーズン 〜 防災グッズ × ウィルセイバー NEW!(更新日:2012/3/8)
〜 オールシーズン 〜 職場 × ウィルセイバー  (更新日:2011/9/2)
〜 夏につかう 〜 食中毒 × ウィルセイバー  (更新日:2011/7/27)
〜 冬につかう 〜 ウィルセイバー × 加湿器で空気はもっと安全になる! (更新日:2010/11/12)
〜 初夏につかう 〜 梅雨のニオイ・カビ × ウィルセイバー (更新日:2010/6/1)
 
  このページのトップへ▲

 


Copyright(C) 2010 HNB Project All Rights Reserved.